私とデジタル一眼レフ

今から10年ほど前、安いデジタルカメラを衝動買いしてからはすっかりはまってしまいました。

始めに買ったカメラはオリンパスの30万画素、画面も小さく荒く・・しかし色が綺麗でした。目で見る色より綺麗かもと思いました。

次ぎに100万画素を買いました。これもオリンパスです。画面が大きくなり写真が楽しくなってきました。そのころには自分でHPも作っていました。
HPに「dejikame de sanpo」というコーナーを作って写真を載せました。

段々にはまって200万画素、300万画素、と画素数が増えていきました。
300万画素を買ったときは、高かったです。なんだかんだで7万円以上でした。

300万画素では物足りなくなって、オリンパスの600万画素を買いました。
そのときはもう2度と買わなくてもよい、等と思ったものです。
この私には、あり得ないことでした。

デジタル一眼レフは10万円以上します。欲しくても買えないと自分の物欲を封鎖していました。
しかしいまや、デジタル一眼レフの性能がよくなり、価格も安定してきました。もう我慢できない!!

清水の舞台から飛び降りるつもりで(大袈裟)ソニーのα100を買いました。
いま慣らし運転中です。

使ってみますと、表現力というか、何か違います。
実際、始めは一眼レフといってもたいしたことはない。これはカメラの選定を誤ったかとさえ思いました。
昨日は使い方が、少しわかってきました。といいますのも、シャッターボタンの前にあるダイヤルをなんだろうと動かしました。するとシャッタースピードと絞りが連動して変わっていくのです。これで少し写真が良くなったと思っています。

a0045131_1252130.jpg
a0045131_12523595.jpg
a0045131_12525847.jpg

小石川植物園で撮影
ノウゼンカヅラ
タラ(タラの芽)の木
植物園の桜の木
[PR]
by rumerumerume | 2008-07-14 12:55
←menu